古家付き物件|色々なメリットがある工務店|色々な角度から業者を比較する
レディ

色々なメリットがある工務店|色々な角度から業者を比較する

古家付き物件

部屋

予算があまり多くない時は

藤沢は都心へのアクセスがよいことに加え、湘南エリアに含まれているというメリットがある街です。そのため、藤沢にマイホームを持ちたいと考える人がたくさんいます。更地を購入して家を新築できるのがベストですが、建売住宅を購入する場合よりも高くつきます。藤沢に一戸建て住宅を持ちたいけれど、予算の都合で建売住宅しか購入できないという人が現実にたくさんいます。しかし、藤沢にある古家付き土地であれば、あまり予算が多くない人でも購入することができます。一般に、築25年以上の家にはほとんど商品価値がないと言われています。まだまだ十分に住める家であっても、家の存在が土地の評価額を下げてしまうことが多いです。そのような物件であれば、かなりお得な値段で購入できる可能性が高いです。当分の間はその古家に住み、お金が貯まったところで家を建て直すという方法をとることができるので、オススメすることができます。

注意点

土地を買って自分の希望通りの注文住宅を建てるのが一生の夢だという人が少なくありませんが、建築条件なしの更地が売りに出されているケースはそれほど多くありません。藤沢では毎年かなりの数の土地が売りに出されていますが、そのほとんどが古家付き、もしくは建築条件付き物件になっています。更地にすると土地の固定資産税が一気に跳ね上がってしまうため、個人が売主の場合は家が建っている状態のままで土地を売りに出すのが一般的です。一方、不動産業者が売主になっている場合は、建築条件付きにしているケースが多いです。建築条件付きの土地を購入すると、期限までに売主が指定する建築業者を使って家を建てる義務を負うことになります。つまり、古家付き物件を購入した場合は古家の解体費用がかかることになりますし、建築条件付き物件を購入した場合は建築業者を自由に選べなくなるわけです。そのことを理解した上で購入契約を結ばないと、後で後悔するハメになります。でも、不動産業者に相談すれば、買主にとって最善の選択を指し示してもらうことができます。